敏感肌ニキビ

化粧水で改善できる敏感肌でも出来やすい大人ニキビ

私は気づいた時から敏感肌な体質で、ずっとニキビや吹き出物に悩まされ続けてきました。
そのためか、お店で売られている化粧品を使うとたちまち肌は荒れ放題に。

 

保湿力の高いコスメを使っても、体調が思わしくない時はすぐにブツブツが出たりと肌に関する悩みが尽きることはありませんでした。やはり今では良く言われている肌のバリア機能ですが、昔から私の場合は、肌のバリア機能が低下した状態だったのでしょう。

 

いつしか、吹き出物がとても目立つようになってしまい「このままでは汚くなってしまう・・・!」ということで肌荒れに即効性のある化粧品をインターネットで調べることにしたのです。

 

そしてすぐに、私のような敏感肌でも大丈夫な商品が見つかりました。昔から毛穴に角栓や黒ずみがたまりやすく、ニキビもできやすかったんですが、敏感肌なので、ニキビ用の洗顔料を使用すると洗顔後には痛みも出やすかったのです。

 

やはりニキビができやすい場合には、しっかりとケアしていくことが大切ですが、毛穴ケアがやはりニキビ予防にも大切ですし、脂性肌はニキビもできやすいですが、30代とかだと大人ニキビは乾燥肌でも出来ることも多くなるので、しっかり肌質の関係なく、保湿してニキビ予防していきましょう。敏感肌でもお馴染みのインナーケアもできるタイプで予防しながら肌の水分量を高めていける化粧品を選んだほうが敏感肌のニキビ予防には最適です。

 

APPS配合の敏感肌の大人ニキビケア化粧水

何でもその化粧品には「ビタミンC誘導体」や「EGF」等が入っているそうで、それらの成分の効き目で使っているうちに肌の調子がだんだんと良くなってくるのが分かりましたね。また今ではAPPSという成分になっているビタミンCも多く無添加なので敏感肌だけどニキビができやすい方に非常に使用しやすいのが魅力的です。同時に毛穴ケアもできるので、皮脂量が多い脂性敏感肌の方にもおすすめです。

 

「あっ、肌がつるつるしてる・・・!」と実感したのはその化粧品を使い始めてから1ヶ月が経過した頃だと思います。
と同時に、あれほど出来やすかったニキビが現れにくくなったのには驚きました。
毎日使うものを変えるだけで、こんなに肌の調子が良くなるのですから化粧品選びは慎重に行った方がいいのは言うまでもありません。

 

上手な使い方のコツとしては、とくにニキビ跡の目立つ部分には多めに美容液を付ける点にあります。
そうすれば、肌によい成分がそこに浸透するのでより高い効果を得ることができるというわけです。
この化粧品に変えてから、職場でも「肌がきれいになった」と褒められました。

肌のバリア機能を高めると大人ニキビ予防につながる?

肌のバリア機能と大人ニキビの予防は密接な関係があります。
大人ニキビの予防というと、とにかく洗顔をしっかりして皮脂や汚れを取り除くこと、と思っている方も多いでしょう。
もちろん皮脂や汚れが肌に残っていると、毛穴に溜まってニキビの元となるアクネ菌などの餌になってしまうので取り除かなくてはいけません。
ただし、洗顔というのは一つ間違えると、肌のバリア機能を保つために必要な皮脂までも落としてしまいますし、洗顔料に含まれる合成界面活性剤は細胞間脂質の一つであるセラミドも溶かしていきます。

 

バリア機能は皮脂と細胞間脂質などから構成されていて、肌に与えられる刺激によるダメージを軽減したり、真皮層の水分や油分を守る働きをしています。
このバリア機能があるからこそ、肌は外部からのあらゆる刺激に耐えられますし、潤いを保って肌を健康な状態にすることが出来るのです。
ですが皮脂を落としすぎると、バリア機能を構成している要素の一つが欠けるためにバリア機能が低下してしまいます。

 

バリア機能が低下すると大人ニキビが出来やすくなる要因

バリア機能が低下すると、刺激を受けやすくなるとともに肌の水分量が大幅に減少して不足するため、肌が持つ免疫力や抵抗力などの力がなくなってしまいます。

 

また老廃物を毛穴から排泄する機能も低下するので、毛穴にはより皮脂や不要物が溜まり、バリア機能が低下するということは大人ニキビが出来やすい肌を作り出してしまうのです。

 

逆に、特に大人ニキビ予防を意識しなくても、皮脂を落としすぎず細胞間脂質であるセラミドなどを補給してバリア機能を高めるスキンケアをしていれば、それが大人ニキビ予防に繋がるということです。

 

大人ニキビ予防のためにいろいろな方法を実践しているのに、どうしてもニキビが出来てしまう方はバリア機能を低下させていることが原因なのかもしれません。

 

大人ニキビ予防という観点からではなく、まずは保湿をしっかり行って肌のバリア機能を高めスキンケア方法を実践することが正しいニキビ予防と言えるのです。また男性でも大人ニキビが出来やすい場合もありますので、昔から肌が弱かったりする場合にはスキンケアを行った方がよいでしょう。男性向けのスキンケア方法や化粧品を詳しく知りたい場合には、こちらの男性のスキンケアで化粧品を検証するサイトを見てみるとよいでしょう。

APPSで毛穴ケアする敏感肌でも出来る大人ニキビケア化粧水はコレ!について

ビタミンCを体内で使用する場合には変換が必要になるので、肌に負担がかかったりすることから敏感肌ではなかなか使用しづらい面がありました。しかしAPPSが登場してから肌に吸収されやすくて安定性があるので、敏感肌の方でも使用しやすいのが大きな特徴です。活性酸素の除去にも良いので、皮脂の過剰分泌を抑える作用もあることから、ニキビだけでなく、毛穴ケアにも効果的です。皮脂の過剰分泌によって活性酸素が働きやすいと肌の代謝は低下してしまう他に毛穴の黒ずみがたまりやすくなってしまいます。毛穴の黒ずみというと黒ニキビですが、炎症を起きやすくなってしまう場合にもビタミンCによる抗酸化作用がしっかり働いてニキビ予防にもつながっていきます。ビタミンCは角質を柔らかくする作用があり、またコラーゲン生成を促進する作用もあるので、角質が硬くなってしまってキメが乱れているような方や、ニキビの色素沈着で悩んでいる方など幅広く活用しやすいのが特徴です。通常のビタミンCである水溶性のビタミンCは浸透性が悪いのでなかなか効果を実感することは難しいと思いますが、APPSは通常の水溶性ビタミンよりも浸透性が100倍ほどよく刺激が少ないので敏感肌でも安心して使用することができます。ニキビケアで大切なのはやっぱり毛穴の炎症で起きるため毛穴ケアが大切です。そしてニキビ跡である色素沈着やクレーターなど、角質を柔らかくし活性酸素を除去してくれるのでメラニンの生成を抑制してくれる他、クレーターの部分の角質も柔らかくなり、目立ちにくくなっていきます。敏感肌のニキビケアでも使用しやすいAPPSの化粧水は、防腐剤であるパラベンや香料、着色料が最低限無添加であると使用しやすいでしょう。またスキンケアのアイテムでは保湿するなど落とすアイテムではなく、付けるアイテムだと合成界面活性剤が含まれているのは希ですが、一応合成界面活性剤が含まれていないかチェックしておくとよいでしょう。

更新履歴